地域の良いモノ・ヒト・コト・バを発信

レトロな空間でデザインとアートに触れる

六文舎 ( ろくもんしゃ )

レトロな建物の1階にあるカフェ「六文舎喫茶部」。

デザイナーの谷口さんとフォトグラファーの雜賀さんが、デザイン事務所の喫茶部として2018年にオープンしました。

店内には、2人が制作したリトルプレス「つき草通りで」が展示してあり、デザイン関連の本などもたくさん置いてあります。

また、店の壁はギャラリースペースとして貸し出され、作家が個展やグループ展を行う空間として利用できるようになっています。

ギャラリースペースは2週間限定で利用でき、作品の審査などは無く、費用も無料であるとのこと。(販売などの管理は対応不可、盗難や破損などの保証なし、良識を乱す展示物はお断り)

雜賀さん曰く、A4ほどの作品であれば、6点から展示できるので、作品の持ち数が少ない人でも気軽に個展が開けるのだとか。

そんな雜賀さんを慕い、店に訪れた多くのフォトグラファーやアーティスト達が、個展やライブの企画を持ち込んでいるようです。

もちろん、喫茶部ならではのカフェメニューも充実しています。

看板メニューであるスパイスカレーはタイ米を使用するなど本格的。

お店の雰囲気にぴったりな昔懐かしい硬めのプリンも人気です。

レトロな空間で、食事を楽しみながらデザインとアートに触れてみませんか。

電話番号
0739-20-6831
定休日
日・祝
営業時間
11:00〜19:00 
駐車場
なし
Facebook
六文舎
Instagram
rokumonsha

地域の良いモノ・ヒト・コト・バを発信

紀南Good