地域の良いモノ・ヒト・コト・バを発信

紀南Good

楽しみながら、学んでいく。

リトミック教室 ( りとみっくきょうしつ )

「リトミック教室」って、ダンス教室?勉強するところ?
高橋あいかさんのリトミック教室の1コマをお届けします。

まずは、先生がとっても元気なことと、ネタが豊富なことに驚きました。
子どもの集中力は、年齢×1分なのだそう。繋げて、切り替えて、ノンストップでどんどんいきます。

先生のピアノに合わせて、ゆっくり、速く、体を動かして。
指を使って、歌に合わせながらの足し算。
ピアノの和音を聞いて、音の数と同じ数字が書かれたカードを探します。
探した数字のカード、1〜10まで順番通りに並べられるかな?
カードに描かれた絵とひらがなで文字に親しみます。今日の文字は「なにぬねの」。
クレヨンを使って線を引いたり、シールを使って色合わせをしたり。
教室オリジナルの「おかたづけのうた」に合わせて、道具もちゃんとしまえました。

リトミックとは、音楽に合わせて体を動かし、歌を歌いながら、子どもの発育を促す教育法。今回は、2〜3歳児が対象で、特に知育に力を入れているクラスなのだそう。50分のレッスンで、10個以上のネタが素早く展開していきました。

先生の言葉を真剣に聞く眼差し。できた!という得意げな顔。褒められて嬉しそうな顔。「こっちだよ。」と子ども同士で教え合う場面もあり、子どもたちの表情がくるくる変わるのは、見ていてとても微笑ましかったです。
教室に通われているお母さんからは、「子どもにしっかり向き合える時間になります。」「お片付けなどの生活習慣が身についてきている気がします。」という声も。

リトミックと言っても、先生によって、教室によっていろいろなアプローチがあるようです。高橋さんの教室では、それぞれの年齢、クラスの目的に合わせて内容を考えられています。対象は、0歳の赤ちゃんから、年長さんまで。三栖教室、シータス教室、ツボ井スポーツ教室で開催されています。

まずは、体験から初めてみるのはいかがですか?
クラスによって内容が異なりますので、詳しい内容は直接お問合せください。

facebook:リトスタnico
Instagram:ritostanico
blog:リトスタ☆nico

関連する ヒト

モノをエリアから探す

地域の良いモノ・ヒト・コト・バを発信

紀南Good